Home > Research Results > Book and review articles

Book and review articles

2016年

  1. Kei Shibata, Takeshi Yamaguchi and Kazuo Hokkirigawa, Tribological behavior of PA/rice bran and PA/glass bead composites (chapter 7), Spherical and Fibrous Filler Composites, Vikas Mittal (editor), Wiley-VCH, (2016) 181–202.
  2. 堀切川一男,山口健,柴田圭,RBセラミックス粒子充填系樹脂複合材料,高分子トライボロジーの制御と応用(2015).
  3. 山口健, 建設作業員の転倒防止対策:すべりによる転倒防止に向けて, 労働調査会 建設労務安全, 6 (2016) 2-9.

2015年

  1. 山口健,堀切川一男,第7章第6節 靴のトライボロジーの展開,似内昭夫監修,トライボロジー設計マニュアル(Tribology Design Manual),テクノシステム(2015).
  2. 堀切川一男,山口健,柴田圭,RBセラミックス粒子充填系樹脂複合材料,高分子トライボロジーの制御と応用(2015).

2014年

  1. Takeshi Yamaguchi and Kazuo Hokkirigawa, 4.6 Controlling water-based or oil-based film between shoes and the floor to prevent slips and falls, Hydrated Materials: Applications in Biomedicine and Environment, (2014) 18 pages, eds. Yoshitaka Nakanishi, Pan Stanford Publishing Pte Ltd. 17 pages. ISBN 9789814463225

2013年

  1. 研究室紹介 No. 20 東北大学大学院工学研究科 機械システムデザイン工学専攻 知能システム工学講座,月刊トライボロジー, 3(2013)64.

2012年

  1. 山口健, 粗面と平滑面の複合化による高摩擦ゴム表面パターンの開発と応用,日本機械学会誌,トピックス,2(2012)104.
  2. 柴田圭,山口健,堀切川一男(分担執筆),異種材料界面の測定と評価,第4章 摩擦と摩耗 第1節~第3節,テクノシステム(2012).

2011年

  1. 山口健,RBセラミックス粉体を用いた複合材料の開発と応用,日本機械学会誌,トピックス,6 (2011) 472.

2010年

  1. 山口健,トライボロジーとバイオメカニクスの融合による歩行形態図の構築と応用,翠巒,(2010) 15.
  2. 山口健,堀切川一男,秋山元治,松本邦裕,RBセラミックス粒子を充填した熱可塑性樹脂のトライボロジー特性,月刊トライボロジー,8(2010)44-47.

2009年

  1. 堀切川一男,山口健,トライボロジーWho's Who 東北大学 堀切川・山口(健)研究室,トライボロジスト,54 (8) (2009) 512.
  2. 山口健,堀切川一男,RBセラミックス粉体を用いた低摩擦および高摩擦複合材料の開発と応用,粉体技術,1 (12)(2009)80-85.

2008年

  1. 山口健,堀切川一男,低摩擦ボブスレーランナーの研究開発,自動車技術会中部支部 支部報,63 (2008) 20-23.

2007年

  1. 堀切川一男,山口健,セラミックデータブック(2007年度版),(2007).
  2. 山口健,堀切川一男,硬質多孔性炭素材料RBセラミックスの開発とその応用事例, トライボロジスト,52,2(2007)114-119.
  3. 山口健,堀切川一男,RBセラミックスのトライボマテリアルとしての応用,月刊トライボロジー,240 (8) (2007) 36-39.
  4. 摩擦の実験講座研究会,研究会報告 摩擦の実験ノート,トライボロジスト,52 (10) (2007) 729-736.

2006年

  1. 堀切川一男,山口健,エコマテリアルハンドブック,丸善株式会社,(2006).
  2. 山口健,堀切川一男, 米ぬかを原料とする硬質多孔性炭素材料「RBセラミックス」, セラミックス誌,41, 2 (2006) 89-93.

2005年

  1. 堀切川一男,他19名,MOTテキスト・シリーズ MOT産学連携と技術経営,丸善株式会社,(2005).
  2. 堀切川一男,山口健,低摩擦ボブスレーランナーの開発と新しいスタートテクニックの提案,表面科学,26(12),(2005),48-51.
  3. 堀切川一男,トライボロジーを基盤とする新産業の創出を目指して,月刊トライボロジー,215(7),(2005).

2004年

  1. 堀切川一男,多孔質炭素材料RBセラミックスの開発 -産学官連携による新しい地域産業の創出を目指して-,トライボロジスト,4(3),(2004),30-36.

2003年

  1. 堀切川一男,硬質多孔性炭素材料「RBセラミックス」の開発 -新しい地域産業創出を目指して-,NOK TECHNICAL JOURNAL,(10),(2003),1-8.
  2. 堀切川一男,山口健,村山順一,鹿野秀順,米糠を原料とする硬質多孔性炭素材料「RBセラミックス」の開発,農林水産技術研究ジャーナル,26(10),(2003),37-41.
  3. 堀切川一男,地域における産学連携と日本型ベンチャーについて,中小商工業研究,76,(2003),93-105.
  4. 堀切川一男,新事業創出で夢を追う -産学官連携と地域産業振興-,産業立地,(1),(2003).

2002年

  1. 堀切川一男,プロジェクト摩擦 tribologist -「米ぬか」でつくった驚異の新素材,(2002).
  2. 堀切川一男,米ぬかを原料とする新素材「RBセラミックス」の開発 -産学官連携による新産業の創出を目指して-,KOYO Engineering Journal,161,(2002),2-6.
  3. 堀切川一男,ミニ産業へはばたく新素材「米ぬかセラミックス」,商工ジャーナル,10,(2002),62-65.
  4. 堀切川一男,米ぬかを原料とする硬質多孔性炭素材料「RBセラミックス」の開発と応用,粉体と工業,34(8),(2002).
  5. 堀切川一男,米ぬかを原料とする硬質多孔性炭素材料「RBセラミックス」の開発,(株)エヌ・ティー・エス ・未来材料,2(5),(2002).

2001年

  1. 堀切川一男,RBセラミックスを用いた無潤滑直動すべり軸受の開発と応用,月刊トライボロジ,(165),(2001),48-49.